敏感肌やアトピー肌などの人のシャンプーの選び方

頭皮は体の中で最も皮脂腺が多い部分ですが、敏感肌やアトピー肌などの人は肌のバリア機能が低下しているので頭皮も乾燥しやすい傾向があります。
そのため、これらの人はかゆみやフケ、湿疹などのトラブルが起きやすい傾向があります。

 

肌のバリア機能が低下するとシャンプーに含まれている界面活性剤や香料や保存料などの添加物が頭皮に入り込みやすくなります。
これらが頭皮に入り込むと様々なトラブルが起こりやすくなるので、敏感肌やアトピー肌の人はなるべく界面活性剤や余計な添加物が含まれていない低刺激のものを選ぶことが大切です。
低刺激のものを使ってもトラブルが起きてしまう場合は余計なものが一切含まれていない無添加のものを選ぶことが大切です。

 

界面活性剤には頭皮の汚れを落としやすく効果があるので、界面活性剤が含まれていないと頭皮の汚れが落としにくくなることがあります。
界面活性剤には肌への刺激が強い合成界面活性剤と肌への刺激が比較的弱い天然界面活性剤の2つがあるので、どうしても界面活性剤を使いたい場合は天然活性剤のみが使われているものを選ぶことが大切です。

 

ただし、市販されているシャンプーのほとんどには合成界面活性剤が使用されていますし、
天然界面活性剤のみを使用しているものは値段が高くなるので注意が必要です。